弁護士に頼んだときのデメリット?

トップページ > 過払い金評論 > 弁護士に頼んだときのデメリット?

弁護士に頼んだときのデメリット?

債務整理を民間の弁護士に頼んだ場合のデメリットを挙げてみようと思いましたが、自分の代わりにあれこれと面倒なことをお金さえはらえば自分以上にうまく行ってくれるのですからこれはデメリットとは言えないのかもしれません。
確かに弁護士によってその料金も変わってくるのは事実ですが、今は着手金や初回相談料は無料のところもかなり多くありますので、まずはその初回相談だけでも受けてみる価値はあります。
法律の上での話のやり取りになるので、聞いたことのない法律関連の言葉におののいてしまうこともあるかもしれませんが、そんな時は、しっかり分からない旨を伝えれば、わかりやすく教えてくれるのも法に詳しい弁護士や、司法書士の成せる技でしょう。
「自分は口下手だから、弁護士と話し合うなんて無理」と決めつけないでありのままの状況を伝えてみてください。

多重債務の場合は特に必要書類をそろえるのがさらに手間取ります。
自分で申し立てするよりもお金はかかりますが、確実に返済を減らしたいときは、大変強い味方となるでしょう。

▲ページTOPへ







タイトルのトップページへ戻る 

Copyright(c) 2006 債務整理.com All rights reserved.